消費行動心理学の効果を活用した
ランディングページ型商品ページとは

ランディングページは、QUEST FORMULA※1 にて制作することが基本であると言われています。 しかし、この構造を理解しただけでは、顧客に刺さるランディングページを制作できません。そこで、肝となるのが、消費行動心理学を利用するということです。

※1 QUEST FORMULAとは、
①Qualify(絞り込み)②Understand(共感)③Educate(啓発・教育)④Stimulate(興奮)⑤Transition(変化)の順にランディングページを制作する上での基本構造。


消費行動心理学の効果を活用したランディングページは、4つの特徴があり、今回紹介する、『ランディングページ型商品ページ』は、この4つを網羅したページ構成となっています。

特徴 1

商品・サービスの分析

商品・サービスの分析

まず、貴社のお持ちの商品やサービスに関して、 詳しくヒアリングさせて頂きます。

その情報を基に、弊社の専任コンサルタント、リサーチチーム、制作チームが複数の観点で貴社の商品・サービスを分析致します。

その後、今回獲得したいペルソナを明確にしこちらを、ランディングページ型商品ページに反映させます。

特徴 2

ポジショニング

ポジショニング

実は、競合のことを無視して、 ランディングページを制作してしまっていることが 多々あります。
それでは、貴社の商品・サービスの本当の強みをWEBページ において最大限、お客様に伝えることはできません。
そのため、弊社の場合は、競合の顧客層、理念、 広告の打ち出し方、ブランディング方法などから競合分析 を行います。
その結果、貴社の商品・サービスのポジショニングを明確にし 顧客に刺さる商品サイトを制作いたします。

特徴 3

価格

価格

いきなりですが、質問です。

300円のコーヒーは高い?
安い?

答えは、人それぞれです。

普段コンビニの100円コーヒーを飲んでる人にとっては、 高いと感じ、普段喫茶店で500円のコーヒーを飲む人に とっては、安いと感じるでしょう。
よって、その商品・サービスを購入する ペルソナ(ターゲット)によって、価格を決定しなければなりません。
初回限定や定期購入限定の価格に関しても同じです。
今回の製作は、この部分のサポートさせて頂くことも可能です。

特徴 4

顧客ターゲット層の立場でプライオリティーの変化や心理を考える

価格
心理を考えるための仮説
  • 仮説 1

    その商品を一番必要としているのはどんな人なのか?を考える

  • 仮説 2

    仮説1で絞り込んだイメージをさらに膨らませていく

  • 仮説 3

    イメージできた人の生活スケジュールを考える

  • 仮説 4

    その商品を使うことによって生まれる「メリット」と「ベネフィット」を考える

  • 仮説 5

    クロージングサービスの立案と構築

  • 仮説 6

    コアターゲットの選定

© M CONSULTING GROUP Co.,Ltd ALL RIGHTS RESERVED.

次世代のランディングページ
自然流入させて、心理を突く『LP型商品ページ』に関して詳しく知る

無料相談・無料お見積もりはこちら
無料相談・無料お見積もりはこちら